本日のFXブログ「FXトレードは環境認識と対策で勝つ!」

gmma

最近、Twitterで戦略的なトレードをしている人たちを頻繁に見かけるようになりましたねぇ~~
FXはしっかり勉強すればお金稼ぎの手段として考えられるんだ!という認識が世間に広まってきた証かな~と思います。

とはいえ、環境認識を勉強し始めたばかりの方も、すでに環境認識でトレードしてる方も、「そもそも環境認識でFXを攻略すること自体がどういうことなのか?」というのが曖昧なままトレードしている、、、、、と感じてしまうこともあります。

「環境認識」への理解が曖昧なままだと、ついついインジケーター任せのサイン的なトレードに陥り「あれ?おかしいな・・・前まで勝ててたのにぃー(;´Д`)」といったスランプに陥りかねません。
ワタシ自身も過去にはこいったスランプにはまった経験が何度もあります・・・

今回はこれからしっかり勉強してFXで勝てるようになりたい!と考えている人たちのために、改めて「環境認識=テクニカル分析」というところを書こうと思った次第です。

テクニカル分析とは?

テクニカル分析とは簡単に言うと・・・

過去に起こった値動きのパターンや相場の方向感から、これから起こるであろう未来の値動きを予測しよう!というチャートの分析方法のことです(・∀・)

経済状況や金利の上げ下げなどの指数から今後の価格を予測する「ファンダメンタルズ分析」と対をなす分析方法です。

テクニカル分析を例えるなら、天気予報みたいな感じ。

過去の天気図、統計といった過去のデータと、現在の天気図を比較して数時間~数週間の天気がどのように変化するかを予測するのが天気予報ですよね。

この「過去~現在の比較から未来の動きを予測する」という点において、天気予報とテクニカル分析はなかなか似ているんじゃないかなーと思います。

テクニカル分析では過去の値動きはチャートのローソク足を、値動きの統計とか平均値とかは視覚的に分かりやすくグラフ化したインジケータ―という指標を主に使って、過去の値動きと現在の値動きを比較しながら将来の値動きを予測します。

インジケータ―とローソク足(値動き)の関係性を分析しながら未来を予測・・・
まさに天気予報みたいな感じですね。

インジケーターには主に「トレンド系」と「オシレーター系」の2種類があり、それぞれ異なる特徴を持っていますので、簡単に説明いたしましょう♪

トレンド系は方向感が分かるインジケーター

トレンド系の代表的なインジケータ―には移動平均線(Moving Average)や一目均衡表といったものがあります。この2つは自分が使っているメインウェポンでもありますっ(´ー`)

トレンド系の主な役割は、現在の相場が買い傾向にあるのか?それとも売り傾向にあるのか?といった相場全体の方向感であったり、過去の値動きと比べた時に現在のトレンドはどれくらい勢いが強いか?といった相場の勢いを視覚的にわかりやすくすることです。

「相場の方向感」がわかれば自分が「買い」と「売り」どちらでポジションを建てればよいかの参考になりますし、「勢い」がわかればトレンドの継続性などを判断する材料として考えることができます。

もちろん今後トレンドが継続することに期待できれば、順張りの後押しにもなりますね(・∀・)

オシレーター系は過熱感が分かるインジケーター

次にオシレーター系のインジケータ―ですが、「オシレーター」とは振り子の意味です。

相場の値動きには、行き過ぎたら返ってくる(上がり過ぎたら下がる・下がり過ぎたら上がる)性質があり、この振り子のような値動きを予測するためのインジケーターのことをオシレーター系と呼びます(´ー`)

例えば1ドルの価格がず〜っと上がりっぱなしで200円になったり、ず〜っと下がりっぱなしで10円になる何てことは、ほぼありえません。

どこかで「上がり過ぎだ!」「下がり過ぎだ!」と考える人がいて、逆張り(価格が高くなったこところで売り・安くなったところで買う)する人が多数になり、価格は遅かれ早かれ「戻って」くる可能性が高いのであります。

なぜテクニカル分析でFXが攻略できるの?本質に迫る

ここまでテクニカル分析というものがざっくりと、主にインジケータというもの使ってこんな感じで分析するのだ!ということをお話してきましたが、
そもそもなんでテクニカル分析で未来の予測なんてものができるのでしょうか?

それは・・・

為替レートというは、トレーダーの「買いたい・売りたい」という需要の変化(心理状況の変化)と、実際の売買行動が相場に影響を与えて価格を動かしているからなのです(・∀・)

もしコンピュータやサイコロがランダムに価格を決めていたら、過去の価格やパターン・値動きというのは全く意識されなくなりますし、トレーダーも未来の値動きがどうなるかなんて全く予測ができません。

人間の心理・行動が為替レートに影響を与えるとどうなるかというと、

熱狂的な買い(売り)が集まって、一方向に動きやすいトレンド相場ができあがったり・・・
割高感・割安感が出てくると逆戻りする、反発ポイントができあがったり・・・

人の心理が影響している為替市場だからこそ「相場の方向感・傾向」が生じてくる、というわけですね(・∀・)

テクニカル分析を利用して、こうした多くの市場参加者の心理を先取りして予測たり、過去のパターンを考慮しながら、今の相場の中でエントリーするなら最も最適なポイントはどこか?という視点でFXを攻略できるのがテクニカル分析の強みなのであります。

利益を出したい&損したくない心理が相場を作る!

相場でいざ売買する時には、誰もが損をしないため、または利益を出すために過去に最も安かった価格帯や、相場の方向感がどちらに向いているのか、といった値動きの特徴をとらえながらトレードしています。

これは何も個人投資家に限った話ではなく、国も、銀行も、民間企業など多くの市場参加者が過去の価格変動というものを意識しています。

なぜなら相場を意識しないと損をしてしまうかもしれないからです!

例えばTOYOTAとかは1円円安になれば、利益が400億増えるとか言われてます。
「為替レートが114円なら何兆円の営業利益」という感じで業績の見通しを投資家向けに発表しています。

これは為替レートの変動が直接業績に影響してしまうので、相場変動を考慮しないわけにはいかないからですよね(´ー`)

実生活でも過去の値段を意識してお買い物をすることがありませんか?

もともと10万円だったテレビが17万円に高騰していたら、
今買ったら損した気持ちになりますよね。

(ていうか10万で買える時に買っておけば、7万円安く買えたわけなので相対的に見ると損をしてます。)

それが1年後、12万円ぐらいまで値下がりして価格が安定してたらどうでしょうか?

「そろそろ安くなってきたな・・」というので買い始めてくる人が集まってくると徐々にトレンドに発展し、ブームになったりする。

相場変動に合わせて買いたい・売りたいという需要が変化するため、この市場心理を先読みすることが相場を攻略する上で重要になってくるわけです。

テクニカル分析の「パターン」や「型」を過信しすぎるのも注意!

「うひょぉ!テクニカル分析ってのは未来を予測することができるのか!!」

・・・てことは、テクニカル分析さえ極めちゃえば、
絶対に勝てる手法も考えだせるんじゃないの!?(゚∀゚)

という感じで、ついつい期待しちゃいそうになりますが、残念ながらいくらテクニカル分析を絶対に勝てる手法なんてものは存在しません・・・。

FXを始めたばかりの頃ってついつい「負けないトレード手法!」とか、「無敗のトレード論!」みたいなものの誘惑に負けてしまいそうになります。

実際、自分もFXを始めたばかりの頃は「型」を探してばかりいた頃があって、様々なトレード本を読み漁っては検証していました。

ここで得られた知識は実際役立ってるものもありますが、いずれの手法も相場状況に対して相性があったり、型にハマらないと勝率が下がったりでなかったりでなかなか安定して稼ぐことができませんでした(´・ω・`)

なぜ安定して稼ぎ続けることができなかったのかというと、それは相場が天気のように様相を変えることが多々あるからなのです。

実際、天気にも「今年は異常気象です!」みたいな例外があるように、相場においても必ずしも同じパターンやクセが続くわけではなく、場合によっては相場の方向感がファンダメンタルズ的な要因によって大きく変わったりすることもあります。

すると晴れの日には効いていた手法も雨の日には効かなくなる・・・
みたいなことになってくるわけですね。

手法における「勝率」もあてにならん!

加えて、どんなに過去の相場で勝率が高かった手法でも、それは無限に検証してみないとその勝率が正しいのかどうかは誰にもわからない、ということもあります。

例えば、ここに勝率80%といわれる手法があったとして、
仮にその手法で100回トレードした結果、20回失敗したけど80回は成功したということであればそれは確かに過去のデータでは勝率は高いといえるかもしれません。

んがしかし。
それが1万回、10万回と未来の相場でトレードした結果勝率を8割キープできているかは無限回数試してみないとわかりません。

実際には無限にトレードを検証するなんてのは不可能ですし、たまたまその100回は偶然にもそのトレード手法・テクニカル論が効きやすかった相場だったのかもしれないのです。

ですので、ちまたで言われている勝率がものすごい高い手法!というのは、未来からやってきた未来人が「この手法は80%で勝てる手法だったぜ!!」と言い切るのならわかるのですが、過去に実践してきた人が勝率について言及するのであれば、正しくは80%の確率で過去の相場で”勝てた”手法であって、あくまで過去形なんです。

というわけで、テクニカル分析を駆使しどんなチャートパターンを上手く捉えたトレード手法でも、それが必ずしも80%の確率でパターンとして表れるということは断言できないのですね。

んじゃあ、結局テクニカル分析って使えねえのかYO!(`Д´)
って思っちゃいましたか??(;・∀・)笑

いえいえそんなことはありませぬぞ!

実際同じパターンが何度もハマりやすいポイントも多々あって、そういう時が最も稼ぎやすい時でもあったりします。

ですが、同じ型やパターンだけをみて相場を判断していたのでは、それが通用しなくなった相場では勝ち続けることができません。

自分はテクニカル分析を自体を否定したいのではなく、
一つのサイントレード・理論・手法などにこだわりすぎることが危険だなーと思うだけなのです。

同じパターンや型を繰り返していくために、テクニカル分析するのではなく、その時々の相場環境をしっかり観察し、最も最適なエントリーポイントや決済ポイントを見つけるために過去の値動きやパターンを参考にするのがテクニカル分析であり、FXの本質だと思うのです。

ここを誤解してしまうと、ワンパターンで勝てた時の成功体験を後にズルズルと引きづりかねないので注意が必要なのです(・∀・;)

テクニカル分析ができる「2つのこと」

テクニカル分析でできることは、
大きく分けて「環境認識」と「シナリオ立て」の2つだと考えています(・∀・)

まず1つ目の「環境認識」は現在の相場状況を把握すること。

今は買いと売りのどちらが強いのか?
チャートはどんなパターンを形成しているのか?

こういったポイントを過去の流れを確認しながら、現状を把握していきます。
そして、現状把握ができたところでやるのが2つ目の「シナリオ立て」です。

買いが展開されていけばこうなるだろう・・・
ここで売りが入ればこんな展開になるかもしれない・・・

こんな感じで現在の価格から相場が動いていった先に、どんな展開が待っているのかを先回りして考えていくのです。

シナリオを立てながら相場の展開を見守っていると、チャートのパターンや意識されている価格(レジスタンス・サポートライン)が徐々に見えてきます。

この点は、どれだけ現状分析ができているかというところと、そのあとの展開を経験則からイメージできるかがキモになってくるので、ある程度の経験値を積む必要はありますね。

そして、この環境認識〜シナリオ立てを行う上で大切なのは、
現在の相場で「最も理想的なエントリーポイントはどこか?」という視点を持つことと、「ここでエントリーしたい!」という最適なポイントが見つかったら、しっかりとその価格まで相場がやってくるのを「待つ」こと。

待つことで高値・安値を摑まされずに、最も理想的なポイントでエントリーする。
思い描いたシナリオ通りに相場が動かなければ損切りなり、利食いをする。

私たち個人の投資家は機関投資家と違って、常にリスクを取ってでもポジションを持っていないといけないわけじゃないので、上がらなそうだなぁと思えば損切りして様子見すればいいし、利益がもっと出そうだなぁと期待できればがっちりホールドするという裁量での調整ができます。

常に最適なエントリーポイントを狙っていきながら、トレード後には「シナリオがそもそも正しかったかどうか」ということや「エントリーしたポイントが最適だったかどうか」をしっかり振り返って反省点を次のトレードに活かしていくことで成功率が少しずつ上がっていきます。

とても地道に感じるかもしれないですが、反省点を次に活かさなければテクニカル分析の精度も上がっていきませんので、ぜひこのマインドを心がけながらテクニカル分析を実践していっていただけれたらなーと思う今日この頃であります!

まとめ!テクニカル分析とは何なのか?に立ち返る

3年間、相場と向き合い続けている私(ワテクシ)でも、いまだにシナリオ通り行かないことは普通にありますし、エントリーポイントや利食いするタイミングも悩みながらやってます。

まあ、理屈も大事ですが、なんだかんだ実際にトレードしながら自分なりに相場パターンを掴んでいくのが成功の近道ではないかという気がします(´ー`)ここまで書いておいてなんなんですが。笑

あとは実践でそこそこ勝てるようになった時が一番怖いというか、パターンにハマってスランプに陥ってしまうということがあるんですよねえ。

そういった方は改めてこの記事をテクニカル分析とは何なのか?を原点に立ち返って見つめ直す場所として読み返していただくと良いのではと思います♪

ふぅ。長かったけど書きたいことかけた感がありますわ。
今回は考え方というか、概念というか、本質というかの話だったので具体的なテクニカル分析のやり方などは、他の記事を参考にしていただけたらと思います。