【動画】10万円で1万円稼ぐ日々#3「そろそろEUR/JPY買いじゃないかな?」

10-1#3_some

こんにちは。焼きまんじゅうです。
きっとそのうち好評になるYouTubeチャンネル「10万円から1万円稼ぐ日々」。4回目の取引を終えました。
 
春から夏へと季節が移り変わりつつある今日このごろ。衣替えのタイミングに悩んでいる方も多いかと思います。
為替相場でも「通貨の力関係」が変わりつつあり、そろそろ新たなトレンドが発生する気がしてなりません。ワタシもワクワクしています。

そんなわけで、今回の主役は先週まで順調な下降トレンドを築いていた「クロス円」。その中でも「EUR(ユーロ)」と「GBP(ポンド)」に注目し、虎視眈々と取引チャンスを狙っておりました。
今回も地味過ぎて見所が皆無ですが、少しでも皆さんの取引の参考になればと思いますm(_ _)m


今回の取引情報
@マンジュウTV
日付 2019/05/27/12:00〜16:20
通貨ペア EUR/JPY
取引枚数(lot) 2枚(0.2lot=2万通貨)
利食い幅(pips) 30pips
損切り幅(pips) 15pips
分析足 1時間足
エントリー足 5分足

分析:テクニカル要因

チャート分析
@マンジュウTV
長期 日足 レンジ→ちょうど底値
中期 4時間足 下降トレンド
短期 15分足 レンジ→上昇
短期 5分足 上昇トレンド

4時間足を見る限り、下降トレンドの底値で調整中。この状態が2週間は続いてる(笑)
イギリスのメイ首相の退任やEU離脱問題のウンタラカンタラもあまり騒がれなくなったし、「Mataf」を見る限り、円買いも勢いも一服してる。なので、ここは盛大に中期足の流れを逆張りで追う作戦もありかなと。

ただ、15分足を見ると、上昇中の価格の先にわかりやすいレジサポがある。なので、もうちょい様子を見て、15分足&5分足で「レンジから上昇トレンドに切り替わったら」短期足を基準に順張りを狙っていきます。

分析:ファンダメンタルズ要因

 

通貨ペアの強弱
@マンジュウTV
最弱 GBP
AUD
中間 USD
EUR
最弱 JPY

まぁ。イギリスのメイ首相やらEU離脱問題やらナンタラカンタラ言うてますけども。通貨ペアの力関係を見れば一目瞭然です。
文字に直すと分かりづらいけども、実際にグラフで見るとわかりやすい。まだ「Mataf」を見たことが無いヒトは是非実物を見てみてください。

参考 Currency indexMataf.net

結論:短期トレンドで順張りをする

ワタシは順張りがあまり得意ではないし、好きでもないのですが、「中期的なトレンドが切り替わる時」を狙うときは、短期足で順張りを狙います。

つまり「中期的なトレンドが切り替わる時に発生する短期的なトレンドを順張る」という作戦ですね。
初心者のヒトにはあまり馴染みが無い「マルチタイムフレーム分析」と「ダウ理論」が今回の作戦のミソとなるのですが、ややこしい話になりますので、詳しくは「老舗FXブロガーORZさん」のブログを参考にしてください。
参考 マルチタイムフレーム分析入門!プロニートORZが億稼ぐ

エントリーポイント解説

エントリーポイントは5分足の上昇トレンドの中にある「押し目」です。

  1. トレンドラインにタッチ
  2. 強気のプライスアクション
  3. エントリー!!

こういった流れでエントリーを判断していきます。

決済解説

今回は「ガチの損切り」を食らってしまいました。悔しいかな。
同軸でポンドも見ていて、GBPが順調に上昇していたために「これはいただきマンモス」とか思ってた自分が恥ずかしいです。調子こいてTwitterでもメッチャつぶやいちゃったしwww草
 
とまぁ、、、取引とは関係の無い後悔は置いといて、今回の敗因は「1枚ウワテを取れらた」といったところでしょうか。
分析にそこまで落ち度があったように思えないので。もう少し詳しく見てみますが、今の所はこんな感じですかね。

まとめ

「GBP(ポンド)にしとけば良かった。」

完全な負け惜しみです。4回目の取引にして「1勝2敗1分け」。早くも負け越してます。もしかしたら本当に資金がゼロになるかもしれませんね(笑)

そのうちブログとかYouTubeのチャンネルタイトルが「10万円で1万円稼げない日々」とかになってるかもしれませんねwww草

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>